最新情報

2016-02-08
もう知人にお金は貸したくないです。
2016-02-07
社会人にとってのお金の意味とは

もう知人にお金は貸したくないです。

私はOLのころは、大手の経理の仕事をやってきましたので、お金に関してはかなり神経質な方でした。 でも、同期の子で簡単に「お金を貸してよ」という子がいましたが、いつも断ってしまっていました。 お金を貸してしまって、そのお金が戻ってこなくてトラブルになったことがあったからでした。 そんなことがありまし...

社会人にとってのお金の意味とは

社会人とそうでない人との違いは何かという答えの一つに「気持ちを形にして伝える」ということがあります。 社会人というのは自立して生活を送れる人のことを言います。自立するということは何らかの形でお金を稼いでいるということになります。 社会人になる以前の学生時代は例えば親への感謝は「ありがとう」という...

お金が無くなれば周りから借りるしかない

 次の給料日まで後数日というときにお金が尽きてしまうと、とりあえず食べる心配をしなければならないです。そんなときは誰かにご飯を奢ってもらったり、一食抜いてみたり、食パンだけで過ごしたりなどするわけですが、それでも空腹が我慢できないなら誰かにお金を借りるしかありません。 銀行カードローン研究会  キ...

多重債務時の返済をする時に悩んだこと

私は複数の会社からキャッシングをしたため、返済金額が増えたためどのように計画を立てるか迷うことがしばしばありました。キャッシングは利息が高く残高を増やし過ぎると危険なため、収支のバランスを考えて正しく使うことが大事です。キャッシングは簡単に借りれるため金銭感覚が麻痺しやすく、私は旅行などが趣味な...

弟にお金を貸した時は抵抗感がなかった

私は、今までにお金を貸したというのはほとんどないです。その中で過去に弟にお金を貸した経験と言うのはあります。 その時の心情ですけど、弟にお金を貸すというのは、まったく抵抗感がなかったです。というのも、きちんと返済してくれるという確信がありましたし、家族ですので、お金を貸すぐらいあってもいいのかな...

不思議と躊躇してしまうお金の貸し借り

家族であっても貸すのに躊躇してしまうのがお金です。たった100円ぽっちのお金を貸すときでも、妙な抵抗感を覚えます。どうぞと、気軽に100円を渡すことができないのです。 貸したら貸したで、いつ返してもらえるのだろうと四六時中気になります。別にこの100円が今直ぐに必要というわけではないのです。ただ、このまま...


サブコンテンツ

このページの先頭へ